変形性膝関節症

2014年03月8日

2014y03m08d_094954398.jpg
変形性膝関節症という病名があります。
膝が痛いという患者さんが整形外科に行くと、
大半がこう言われて帰ってきます。
レントゲンと撮ると、見事に関節部が変形しているのです。
軟骨が(半月板)が削れて・・・なんて言われることが多いですね。
それが原因で今の痛みが出ていると・・・
変形しているレントゲンを見せられて、
これが原因だよ!と言われれば
それはみんなそう思うのも無理はありません。
それではその変形が取れない限り痛みは取れないってこと?
となりますよね。
本当にそうだとしたら、私たちもやりようがありません。
リハビリなどで筋肉つけて多少は負担が減る分
変形は変わっていく可能性はありますが、
そんな急激には変化しません。
ではそれまで痛みは変わらない?
それがそんなことはないのです。
治療をしていくとキッチリ変化は出ます。
痛みも変わります。
結局痛みを出しているのは、その回りの組織であり、
骨の変形自体ではないということです。
ですので、その痛みを出している組織を回復することができれば
痛みが変化するということです。
私は当院の治療、MR法、スーパーSSRを施すことで
それを体感してきました。
変形性膝関節症と診断されながら膝が痛いといって3か月前に来院し、
最近は痛くないと言っている患者さんを診ながら、
ふとそんなことを思った次第です。

清水町ここから整骨院

清水町ここから整骨院電話055-972-0015清水町ここから整骨院へのアクセス清水町ここから整骨院ネットでのご予約ご相談はこちら

〒411-0902 静岡県駿東郡清水町玉川141-17