痛みのぶり返し(膝痛の女性)

2015年06月24日


整骨院にくる患者さんの関節痛には首、肩、腰、膝がありますが、
今回は膝痛の70代の女性のお話…
数年前にお医者さんに見捨てられた”腰痛”を引っさげて来院した方です。
その時は1年で痛みを取り、2年間ケアを続け、
徹底的にやることで、痛みもなくしっかりあるけるようになりました。
そして感謝されてから2年…
今度はお医者さんで良くならなかった”膝痛”を引っさげて
足を引きずりながら娘さんの車で来院してきました(^^;)
一番ひどいのを100だとすると、80~90くらいのレベルものです。
それでも2か月週2回来院で半分くらいのレベルに落ちつき
順調にきていました。そんなある日のこと…
内科の検査で予約時間より3時間くらい待たされた時のこと。
検査は無事終了したのですが、家に帰る途中で急に膝の激痛が!
本人が今まで経験したことのないというほどです。
何とは家にたどり着きましたが、娘さんも救急車を呼ぼうか迷うほど
本人は痛みでのたうち回っていたと言います。
それでも痛み止め、湿布、冷却でなんとか乗り切り、翌日当院へ来院。
来院時は症状は落ち着いていましたが、
娘さんも本人も心配でしょうがないという表情…
今後の治療もどうしようという言葉も…
そりゃそうでしょうね、順調にきていたはずが激痛が発生したわけですから。
でも私は2人に言いました。
「今落ち着いているのであれば、それは一時的と考えるべきです。
今まで順調に回復していたことを忘れてはいけません!今の痛みの引き具合を
考えると、またでる可能性は低いでしょう」と。
過去の経験からも確信めいたものはありましたが、確実ではありません。
しかし2人は私のその言葉に安心したようでした。
そしてさらに2か月…
彼女はしっかり通ってくれましたので、痛みは1割程度に減りました。
何が言いたいかと言いますと、
「治療は一方通行でない!」ということです。
このようなぶり返し的なことが発生することがあるということです。
このようなことがあると治療をやめてしまう方がいます。
そしてまた他のところに行って一から治療…まったく勿体ないことです。
これを見ている皆さんはそのような事があることを知っていて欲しい
と思い記事にしました。
治療だって万全ではないのです。手品ではありませんからね。
でもなぜそのような痛みが出たのでしょう?
彼女はその3時間の待ち時間に長椅子に座っていたといいます。
詳しく聞くと、足はついておらずブラブラ状態だったと言っていました。
私の推測では、そのブラブラ状態で下腿の重さが弱い膝の組織、神経を刺激して
一時的に今回のような激痛を生んだと思っています。
確実ではないですが、8割方そんな理由ではないかと…
でもまあ、真実は神のみぞ知るというところでしょうか(^^)

清水町ここから整骨院

清水町ここから整骨院電話055-972-0015清水町ここから整骨院へのアクセス清水町ここから整骨院ネットでのご予約ご相談はこちら

〒411-0902 静岡県駿東郡清水町玉川141-17